Blog about the hobby (Bicycle and ... ) [ujkc74]

【大会レポート】行ってきました☆ ”ハルヒル”こと『第2回 榛名山ヒルクライム in 高崎』

e0271804_1963951.jpg

いや~、”至れり尽くせり”とはこのこと!!
過去10年の大会で、最もホスピタリティの充実した大会でした♪
もし難点を付けるとすれば、ちょっと下山に時間が掛かりすぎたこと。(今回は天気に恵まれましたが、これが雨天のレースだった場合、下山待機する選手の疲労は著しいものがあります。 下山グループの人数を増やすなど、何か方法があれば・・・)
とは言え、まだ2回目の大会にも関わらず、スタッフの人数やスムーズな誘導など、私個人としては大会運営の面では100点満点中120点の大会でした。

e0271804_1965876.jpg

↑こちらは前日の受付の模様。 他の大会では有り得ないくらいの充実したスタッフ。
市営の体育館をまるまる貸切!(雨天のレースでもこれなら安心ですね。)

e0271804_1971884.jpg

↑受付で渡されたもの。 今回の参加賞はスポークライト。 ゼッケンと案内のほか、手作りの”お守り”や栄養補給用のゲルなども含まれます。

e0271804_1973017.jpg

↑極めつけはコレ、イベント期間中のほぼ全ての店舗で利用可能なクーポン券1000円分!!
(しっかり1000円分使いました♪)

e0271804_1974341.jpg

↑コチラは最近良くサイクルショップでも見るようになった”オンヨネ”のブース。 ウィンドブレーカーやジャージが格安で出てました。

e0271804_1975977.jpg

↑コチラは”タキザワ”ブース。 H内は以前から欲しかったウィンドブレーカーを格安でGet!
(当然クーポン利用で更にお得♪)

e0271804_198114.jpg

↑今度はPIAAのブース。 ウチのクルマに付いてるのと同じサイクルキャリアも、展示されてます。

e0271804_1983279.jpg

↑コチラは群馬トヨタのブース。 このクルマ、何でしょう?ランクル? でもカッコ良いですね~。

e0271804_1984459.jpg

↑大会当日。 会場には、既に朝早くからスタッフの方が誘導のポールを立てて待機してます。
(これ、未だ朝の5時とかなんですよ!)

e0271804_198577.jpg

↑選手が続々と集まってきました。 幸いH内は早くに会場入りしたおかげで、第9グループの前の方に並ぶことができました。

e0271804_1991070.jpg

↑たぶん6:30くらい。 わらわら☆
そういえば、たまたま会場で群馬(ECU設)のH原と遭遇しましたが、ほかにも多数群馬の会社関係者が参加していた模様。

e0271804_1992612.jpg

↑コチラはゴール直後の模様。 (レース中は撮影する余裕が全然ありませんでした・・・(汗))
H内のタイムは55分22秒♪
フィニッシュライン(最終タイム計測ポイント)から山頂の選手待機場所までは、榛名湖沿いにしばらくクールダウン走行。

e0271804_1994194.jpg

↑ゴールの選手待機場所手前のゲート。 とっても良い天気のお陰もあり、みなさんニコニコ♪
(どこぞのストイック極まりない大会(コチラ⇒)とは大違いですね・・・)

e0271804_19101399.jpg

↑山頂の”榛名富士”の前でパシャリ☆ (ECU設のH原とI塚も一緒でした。)

e0271804_19102818.jpg

↑こちらが問題の下山待ちの列。 か~な~り待ちます。

e0271804_19104285.jpg

↑今大会には、H内以外にも厚木地区から数名が参戦!! 真ん中奥側の赤いスペシャに乗ってるのはM田さん。

e0271804_1910578.jpg

↑無事下山完了し、一旦自転車を停めるために大会会場の榛名中学校の校庭を横切ります。

e0271804_1911188.jpg

↑コチラは大会の表彰の様子。 この手前の方で、リザルトタイムの記載された参加証を全員に配布しており、わざわざ自分で一覧からタイムを確認するなどの手間が要りません。
ちなみに、30代男子の1位は41分31秒、エキスパートクラスに至っては39分15秒!!

e0271804_19113923.jpg

↑最後に、群馬で有名だという「登利平(トリヘイ)」の”鳥めし”を堪能しました。 ご飯に”タレ”が浸み込んでて、それでいて鶏肉も味が凍みていて大変美味しかったです。
「登利平(トリヘイ)」 ⇒ http://www.torihei.co.jp/cgi-usr/top.cgi


e0271804_19122567.jpg

↑ちなみにハルヒル会場と、温泉で有名な”伊香保”は、榛名山を隔ててすぐ反対側。
折角なので、ひとっ風呂浴びてから帰りました♪♪(写真は伊香保の石段街)


今回のハルヒルですが、とにかく選手誘導やコース沿いの監視員、一般車両の交通誘導に至るまで、黄色い”ハルヒル”のジャケットを着たスタッフの方達がくまなく配置されており、本当に町全体がこのイベントを歓迎してくれていることが伝わってきました。
絶対オススメのイベントです。

大会HP;「第2回榛名山ヒルクライム in 高崎」
[PR]
by nqc30269 | 2014-05-25 19:16 | その他

趣味(主に自転車)のブログ。 リンクはご自由にどうぞ。

画像一覧

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな