Blog about the hobby (Bicycle and ... ) [ujkc74]

カテゴリ:メンテナンス( 20 )

"ALL LUGS, TUBES AND STAYS COMPOSITE"

今回もまた埋蔵ネタですが、昨年、通勤用に使用しているMCMをレストアしたので、そちらの模様をお届け☆
e0271804_051972.jpg


そもそもこのバイクは、5年前にサ○○リーで中古購入したもの。 モデルイヤーからすると”15年落ち”の旧車ですが、新しいバイクを買う気になれず、とりあえずダメになりそうな部品の総取っ替えをすることに。
※『MCM』と言えば、言わずと知れたカーボンMTBの先駆け的存在・・・のハズなんですが、購入時あまりの値段の安さに店員さんに「何でカーボンバイクが○万円なんですか?」と聞くと、「え?カーボン? アルミですよ、ほら」と店員さん・・・。 
e0271804_053295.jpg


そんなこんなで超格安で仕入れた『MCM』ですが、それを一旦フレームの状態まで分解。 清掃して、剥がれかけのデカールもきれいに取り除きます。
e0271804_09074.jpg


そしてコチラが今回新たに交換する部品。 まずホイールは、クロスバイク仕様の700cから、本来の姿の26インチへ。「シマノ WH-MT35-F/R QR 26inch」
e0271804_055523.jpg


Fフォークは、浜松の中古ショップから「マニトウ BLACK ELITE 100/120 ロックアウト」をお取り寄せ。
e0271804_06892.jpg


パーツ類は、全部単品の状態にしてキレイに洗浄。 このほか、RACEFACEのシートポスト、TIOGAのライザーバー、FELT_F95用で未使用だったステム、Truvativのギヤ板、SORAのRDへ組み替えを実施。
e0271804_061714.jpg


そしてコチラが完成版☆ なかなか好みのスタイルです。
e0271804_062627.jpg


ちょっとした”こだわり”がココ、アヘッドのキャップ。 シマノPRO製です。(カッコイイし、安いょ!)
e0271804_063444.jpg


みなさんも、あまり外に走りに出ない冬の間、せっかくの機会なのでご自分の自転車をアップグレードしてみては如何ですか?
ではでは...☆
[PR]
by nqc30269 | 2015-01-12 00:10 | メンテナンス

ヘルメットのメンテナンス♪

何だかんだで、今年も暑いですね☆
そしてこの時期、気になるのがコレ↓ そう、ヘルメットのあご紐のニオイ( ̄Д ̄;) !
今回はあご紐をクリーニングしちゃいます!!
e0271804_2253046.jpg


自分のヘルメットはOGK製。 メーカーはあご紐の取り外しを推奨していないようですが、そんな事言ってたらニオイでどうかなっちゃいマス(*ω*;) ・・・ってなわけで、強引にマイナスドライバを突っ込んで引っ張り出します。
(※紐を取り外す前に、出来るだけ1番上のような写真を撮っておくことをオススメします。 洗濯した後で再び紐を取り付ける再、どこから紐を通して、どの辺りでバックル類を留めているかを把握するため☆)
e0271804_2254458.jpg


どうにか取れました。 が、写真の樹脂部品のツメ部が、かなりしっかりとヘルメットのシェル部に嵌っており、気をつけないとシェルが割れるか、又は樹脂部品が破損して取り返しがつかない事になるので要注意! (実際にやられる場合は自己責任でお願いしマッス(;><)o!!)
e0271804_2255435.jpg


続いてバックル(赤)とホルダー部(黒、ロゴ入り)を取り外します。 ホルダー部は写真のツメ部を、先の尖ったもので押し込んで外します。
e0271804_2265100.jpg

e0271804_2261556.jpg


ここまで来たら、後はあご紐とインナーを洗濯ネットに入れて洗うだけ! 洗濯後は、かなり快適になりますよ☆
e0271804_2262668.jpg


※最近は抗菌素材のあご紐を使っているので大丈夫らしいですが、やっぱり洗う事を前提で設計してほしいですね☆ その辺、前使ってたLASとかは、ずっと簡単にあご紐を取り外せたんですが・・・・。 (特許でもあるんですかね?)
[PR]
by nqc30269 | 2014-08-14 22:09 | メンテナンス

EASTON EA50 AEROホイールのハブ・メンテナンス★

先月くらいからFELT-F5のリアホイール(EASTON EA50)のガタツキが気になってたが、先週江ノ島行ったときに遂にリアハブからガラガラと異音がし始めました( ̄□||||!!
お気に入りのホイールだったけれど、EASTONハブの耐久性につてあまり良い評判を聞かないので、「とうとうホイールごと交換かぁ~(トホホ)」と思いつつ原因を調査することに・・・|||(-_-;)||||||ドヨーン~
e0271804_22193810.jpg


改めて良く見ると、リアホイール・ハブ部が軸方向に2~3mm程度動く(ガタがある)ことが判明!!
e0271804_22194977.jpg


先ず、ベアリングだけ交換できないかと思いホイールを外して調べる事に・・・☆
e0271804_2220117.jpg


先ほどのガタ部を手で動かすと、案の定2~3mmのガタツキがあります。
e0271804_22201145.jpg


しばらくその辺をイジっていると、「ンッ!?」  何かスキマがさっきより大きくなってないかい??
e0271804_22204862.jpg


「もしやっ!?」と思って黒い部分をクルクルと回してみると・・・、 ”ポロリッ”☆
どうやらココのネジが緩んでいた事がガタツキの原因だったようです。
e0271804_2221086.jpg


反対側から、スプロケットごとハブのシャフト部分を引っこ抜きます。(ズボッ)!!
e0271804_2221133.jpg


中はこんな感じ(古いグリスでベタベタだったので、一旦ウェスで拭き取りました↓)
折角ここまでバラしたので、ついでに新しくグリスを塗布します。
e0271804_2221263.jpg


フリーハブ・ボディ(本体、赤い部分)も、ウェスなどで拭き上げちゃいましょう(フキフキ♪)
e0271804_22213699.jpg


コチラはシャフト部☆ ココも古いグリスを拭き取って新しいグリスを塗布しておきます。
e0271804_22215074.jpg


ある程度キレイになったトコで、念のためBRGの状態をチェックをします。 
 ⇒回転方向(ベアリングの回る方向)で”ゴリゴリ”とした感触はないか?
 ⇒軸方向(写真の上下方向)ガタはないか?
※ちなみに”ベアリング”自体、新品でも数μm~数十μmの内部ガタを持っていますが、
微小なガタツキはあまり気にせずそのままにしときます。
e0271804_2222670.jpg

e0271804_22222260.jpg


ベアリングの確認が終わったところで、可動部にグリスを塗っていきます。
e0271804_22223583.jpg


最後に元通り部品をセットし直して、左右両側からトルクレンチで締め上げて完成~☆
e0271804_22224824.jpg


何はともあれ、ホイール全取っ換えとかじゃなくて良かった~ε- (´ー`*) フゥ~ッ★
(ついでに足回りがピカピカになったので、丁度良かったです。。)
[PR]
by nqc30269 | 2013-12-26 22:24 | メンテナンス

シューズ交換☆

通勤用のSPDシューズがいい加減ボロボロなので、新しくするコトに♪

コチラ(シマノSH-M076_ベルクロ3本仕様)↓↓↓
e0271804_21183779.jpg


一応通勤用はコレとSH-M086(ベルクロ2本+バックル)の2足持ってて、なるべく交互に使うようにしてるのですが、どうしてもベルクロ3本の方が朝急いでる時に素早く履けるから、ついコッチを使ってしまうのです・・・(反省_(;_ _)~)。 おかげでストラップがボロボロに・・・・(泣)
e0271804_21185254.jpg


・・・という訳で、早速横浜市三ツ境の「サガミサイクル」さんへ♪
厚木から自転車で買いに行ける(と思う)お店の中ではイチオシ!!
(何気にシューズとかヘルメットとかが安いんですよ~♪ 以前埼玉に住んでた時も、わざわざヘルメット買いに来たくらいですから☆)
e0271804_2119251.jpg


自転車置き場が無いので、道路脇のレンガに上手くペダルを乗せて立て掛けときます。(植物に当てないように~☆)
e0271804_211914100.jpg


で、買ったのがコチラ(型落ちで安くなってたので♪)↓
e0271804_21192713.jpg


シマノSH-M087(ベルクロ2本+バックル)です☆
ベルクロ3本仕様も便利なんだけど、やっぱり耐久性重視ってことで☆
e0271804_21193860.jpg


裏面はこんな感じ、可もなく不可もなく・・・いたってシンプル。
e0271804_21194991.jpg


ちなみに今までは”普通幅”のサイズ「41」を選んでいましたが、つま先が遊んでしまって力を入れたときに足がズレてしまっていたので、今回は”ワイド”幅のサイズ「40」にしてみました。 早速月曜から試してみまっす!!

サガミサイクルさんの場所はコチラ(最寄駅は相鉄線三ツ境駅です)↓↓↓

[PR]
by nqc30269 | 2013-09-29 21:24 | メンテナンス

SCOTT USA フラットバー化改造計画♪

前回FELT-F5の紹介をしましたが、実はフレーム単体で買ったため組上げるためにパーツを他から移植しなければなりませんでした。 そしてそのターゲットになったのがコチラ↓
e0271804_190448.jpg

あぁ~~~、む、無残・・・☆
ホイールは手元にAlexRimの新品があったので、辛うじて”自転車”の形は残してますが・・・・・
この状態で部屋に置いといても仕方ないのと、ちょうどその頃(去年の1月くらいかな?)T.Iさんから「イイ自転車ないっスか~?」とオファーがあったので、思い切ってリニューアルする事に!!!


今回は普段乗りや通勤にも使えるように、「フラットバー仕様」にすることにしました☆
先ずは自転車の主要部品のリストを用意し、必要なパーツをピックアップします。
そして、価格を確認して予算と相談しながらグレードを選んで・・・・・♪
e0271804_198345.jpg

(一部アウトレットモノを入手するなどして、フレームとホイール以外をナント2万〇〇円で揃えることに成功!!)

早速買ってきた部品を仮組みし、イメージを掴みます☆ (うん、イイ感じ♪)
e0271804_1914728.jpg


そして完成~ッ!!! (主要コンポを黒で纏めたおかげで、引締まった感じです☆)
e0271804_192144.jpg


クランクはシマノの一体コンパクトクランク、軽いギヤ比は街乗りでも便利ですね♪
ちなみにペダルはWelgoのノーマルタイプでトゥークリップ&リフレクタ付き。
e0271804_1921411.jpg


リアDはTiagraの10スピード!! (実は、思ってた以上に質感が良いので驚きました・・・)
街乗りメインなので、リフレクタも付いてます。
e0271804_1922473.jpg


サドルは都内のY'sでGetしたもの♪ ホワイトにこだわりました♪
e0271804_1923446.jpg


TIAGRAのフラットバーコンポーネントで纏められたハンドル周り☆ ホワイトグリップと相まってスタイリッシュ♪
e0271804_1924725.jpg


ちなみに元々はこんな感じでした。。
Base Frame; SCOTT USA AFT COMP (確か2000年モデル☆)
Fork; Specialized C4 Carbon
Component; (FD&Clank)105-triple, (RD)Ultegra SL, (levers)105,
Wheels; Alex ALX430
e0271804_1925734.jpg


<オマケ>
SCOTTといえば、今では言わずと知れたスポーツバイクの有名ブランドですが、この「SCOTT USA」はそれ以前のまだマイナーだった頃のフレームなんです。(何てったって、2000年モデル!!) 当時Specializedのカーボンバックフレームを購入しようと悩んでいたのですが、アルミ溶接部の仕上げの美しさに一目惚れして購入してしまいました☆ 今となっては、とても貴重なフレームだったと思います☆
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-17 19:08 | メンテナンス

ビンディング・ペダルの選び方 (実践編~街乗りとツーリングを兼用したい場合)

以前このブログに掲載した『ビンディングの選び方』ですが、今回は”実践編”としてより具体的な例を挙げて適切なパーツ&シューズを選んで行きたいと思います。

↓↓↓過去の記事へのリンクはコチラから↓↓↓
ビンディングの選び方
↓↓↓交換作業手順↓↓↓
ペダル交換♪ (SPD-SL ⇒ SPD)
↓↓↓ペダルレンチは専用工具(サイズ:15mm)なので注意!(必要な人はH内に連絡下さい☆)↓↓↓
自転車用の工具♪ (SST for bicycles)

≪前提条件≫
 ・用途
   ツーリングで週1回程度、中~長距離(50~100kM)程度を走行
   ツーリング以外に、時々買い物などで普通の靴(スニーカーなど)で乗ることがある
 ・自転車
   クロスバイクなど
 ・その他
   クリップ&トゥストラップの使用経験はある(靴が固定される事に、ある程度の”慣れ”がある)

シマノ製ペダル一覧(H内作、●印は若干独断と偏見あり・・・。。)
e0271804_2044940.jpg

≪ペダル選び≫
「ツーリング向け」として、PD-T780(XT)/PD-M324/PD-A530の3つがありますが、クロスバイク向けということで「PD-T780(XT)」辺りがおススメになりマス。(ケージ付きは何故か値段が高い・・・)
また「ツーリング向け」ではありませんが、スニーカーで乗るとき多少乗りにくくても良ければ、「PD-520」辺りがおススメです。
ちなみに、最近ラインナップされた”シマノ・クリッカーシリーズ”ですが、
  入門用なので簡単に外せる☆
   →(逆に)簡単に外れてしまう
     →引き足で力を入れた途端、急に外れる危険性がある
ので脚力のある人の場合、返って危ない場合があります☆


≪シューズ選び≫
シューズは、普段履きと兼用する場合「シマノ・クリッカーシリーズ」(シマノpdfカタログ_P24~25)か、MTB用の入門用のもの(同、P20~21)が良いでしょう。
尚、日本人の足型(ラスト)に比較的合っているメーカーは、「シマノ」「スペシャライズド」「SIDI」などです。
※シューズは足にできるだけピタッと合ったもの、かつ最初のうちはキツ過ぎないものを選ぶのが大切です。 買ってから、「やっぱり足に合っていなかったなぁ・・・」とならないよう、できるだけ展示品の多いお店で色々試してから選ぶのが良いです。 (この辺では三ツ境のお店がおススメだったり・・・)


〈関連リンク〉
↓↓↓シマノのペダル(from サイクル吉田)↓↓↓
http://www.cycle-yoshida.com/shimano/pedal_menu.htm

↓↓↓シマノ(SHIMANO) シューズ(from サイクル吉田)↓↓↓
http://www.cycle-yoshida.com/shimano/shoes_menu.htm

↓↓↓シマノ クリッカーシリーズ片面フラットSPDペダル登場!(from フレンド商会)↓↓↓
http://friendsyokai.blog73.fc2.com/blog-entry-1477.html

↓↓↓2013 シマノ_フットウェア&ペダルカタログPDFダウンロードページ ↓↓↓
http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index/products/shoes/2013catalog.download.-mainParsys-0002-downloadFile.html/2013footwear-add.pdf
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-04 20:08 | メンテナンス

自転車用の工具♪ (SST for bicycles)

今回は自転車、特にスポーツ車をイジるのに必要な工具のご紹介♪

H内がチャリいじりに使用しているツールはコチラ(・д・)↓↓↓ (右上のバナナは違います(汗。。))
e0271804_013630.jpg


続きはコチラから〉〉〉〉
[PR]
by nqc30269 | 2013-04-23 01:30 | メンテナンス

タイヤ交換(GIANT MCM 700cスリック→ブロック化)

1月末、通勤で使用しているGIANT MCM(3年前に中古で購入)のタイヤ交換をしました。
このMCM、本来XC(クロスカントリー)用MTBなので26inchが標準ですが、購入時には既に700c化されてました。
長距離は、この700cホイール+ロード用タイヤの組合せが非常に重宝するのですが、雪が降ったり普段通勤で路肩の荒れたトコを走るのには向きません。
そこで700cホイールに”シクロクロス”向けのタイヤを組合わせてみました。

購入したのはコチラ↓
パナレーサー シクロクロス用タイヤ クロスブラスター 700×31C  2,800円 (2本)
ヴィットリア インナーチューブ Ultralite 700×30/38 仏式-36mm  480円 (2本)
e0271804_1592056.jpg


泥ハケに優れたブロックパターン↓ 少しくらいの雪道なら大丈夫そう♪(当たり前ですが、凍結路はNG)
e0271804_21062.jpg


交換後のイメージ↓
e0271804_22857.jpg


心配していたフレームとのクリアランスはこんな感じ↓
e0271804_210084.jpg

e0271804_210711.jpg

ギリギリです・・・Σ( ̄ε ̄;|||・・・

交換して1月半、結局雪道での出番はありませんでしたが、23cロードタイヤだとハンドルを取られるような段差や排水用の格子穴などは、全く不安がなくなりました♪ 暖かくなったらスリックに戻す予定でしたが、しばらくこのままで様子を見たいと思います。
[PR]
by nqc30269 | 2013-03-17 02:11 | メンテナンス

タイヤ選び♪

寒い日が続きますねぇ~☆ 自転車で走るのもチョッと躊躇してしまいます(*+_+)ノ
こんなときは、普段乗っている自転車の点検をしてみましょう☆
自転車の消耗部品といえば、そう「タイヤ」です。 今回はその選び方のご紹介♪

ちなみに、私が良く買うタイヤは以下↓ (基本的にケブラー製の700x20~23Cのクリンチャーを購入)
 ・ヴィットリア ZAFFIROⅡ クリンチャータイヤ ・・・1本2,000円弱で入手可、主に通勤用に使用
 ・スペシャライズド MONDO ・・・1本3,000円前後、主にトレーニング用
 ・パナレーサー CLOSER ・・・1本3,000円前後、主にトレーニング、レース用


①代表的なタイヤメーカー
 ・パナレーサー ・ビットリア ・シュワルベ ・Maxxis ・ミシュラン ・IRC ・コンチネンタル など
 ↓↓↓マイナーですが、スペシャライズドからもタイヤが発売されています↓↓↓
e0271804_22303463.jpg



②種類(タイプ)
 ・クリンチャー ⇒タイヤとチューブが別々のもの。 最もポピュラーなタイプ
 ・チューブレス ⇒チューブが無く、専用ホイールが必要。 近年開発されたタイプ。
 ・チューブラー ⇒タイヤをリムに接着する必要がある。 歴史は古いが、軽量なため未だに根強い人気あり。
 ※ウチの会社の方は、基本的に”クリンチャー”を買っておけば問題ないと思います。


③サイズ
 ・700x23C ⇒フレンチ表示、主にロード用
 ・26x1.95 ⇒インチ表示、主にMTB用
 ※ロードとクロスバイクのほとんどは700Cです。
 ※「x23C」はタイヤの幅を表します。
  (おおざっぱに言うと、18~23:ロード、23~32:クロスバイク(市街地)、28~35:シクロ(オフロード))
 ※もっと詳しく知りたい方はコチラ↓
  http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tire_size.html
 ↓↓↓サイズの確認は慎重に!↓↓↓
e0271804_2231320.jpg



④ビードの種類
 ・ワイヤービード ⇒タイヤの両サイドのリムに掛かるところの材質がスチール製(ワイヤー)のもの。 
 ・ケブラービード ⇒上記がケブラー製(アラミド繊維)のもの、軽量 (他に「フォルダブル」などとも言う)。 
 ※見分け方は、折り畳まれているもの(冒頭の写真参照)はケブラービード、それ以外はワイヤーがほとんどです。
 ※一昔前はケブラーは高価でしたが、最近はだいぶ安くなっているのでケブラー製(折畳み)をおススメします。
 ↓↓↓下の写真はケブラービード製のもの(折り畳み)↓↓↓
e0271804_22311931.jpg



⑤TPIについて
 タイヤには"ケーシング"と呼ばれる繊維が編みこまれています。
 TPIは、このケーシングが1インチ(25.4mm)の間に何本並んでいるかを示しています。
 (数字が多い方が繊維の目が細かい)
 おおざっぱに、 20~100:練習用、100~200:練習用~レース用、200~:レース向け
 ※もっと詳しく知りたい方はコチラ↓
  http://www.vittoriajapan.co.jp/technology/casing.html
 ↓↓↓ちなみにこのタイヤは「26TPI」なので練習用ですかね~☆↓↓↓
e0271804_22312548.jpg



⑥耐パンクベルトについて
 これは各社で呼び名が違うため非常に分かりづらいのですが、代表的な名称を以下に記します。
 ・DOUBLE SHIELDING、AULTRA SHIELDINGなど ・・・ビットリア社
 ・HDセラミックガード、スネークスキン・・・シュワルベ 社
 ・プロテックスシールド・・・パナレーサー社
 ・フラックジャケットテクノロジー・・・スペシャライズド社、 など
 ※特にレース用(軽さ優先)でなければ、多少重くなるけど耐パンクベルト有りの製品が無難
 上の写真のタイヤには「Sportex Protection Layer」と書かれていました。


⑦パターン(トレッド)について
 ・スリックタイヤ ⇒その名の通り溝・パターンが一切ない、 ドライ路面向け
 ・セミスリック ⇒ごく浅いパターンが刻まれたもの。 ウェット時など、滑り出しの挙動がスリックよりも分かりやすい。
 ・ブロックタイヤ ⇒これはブロックの大きさやパターンによって、街乗り~オフロードなどさまざま☆
 ↓↓↓スリックタイヤの一例 : パナレーサーの「クローザー」↓↓↓
e0271804_22314281.jpg



許容圧力表示について
 クロスバイク(25~28C)の場合は、タイヤ圧力は6~8BARが目安。
 ロード(18~23C)の場合8~10BAR(115~145psi)入れるので、それに耐えるものを選ぶこと。
 以前これを見落として購入し、いつも通り10BAR近く入れたらタイヤが裂けるというトラブルに見舞われました・・・。
 ↓↓↓ちなみにコチラは6.5~9BARと表記↓↓↓
e0271804_22314856.jpg




・・・とまあ、ここまで色々と書いてきた訳ですが、後でネットを見てたらすごく詳しく書いているHPがありました(汗)
http://www.cyclesports.jp/magazine/2009/0910/index.html

※自転車タイヤの規格に関する詳細はコチラ↓
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tire.html
[PR]
by nqc30269 | 2013-01-17 22:46 | メンテナンス

リアディレーラーのメンテナンス♪

最近(というかけっこう前から)どうもリアディレーラーの動きが悪い・・・Σ( ̄ε ̄;|||・・・
e0271804_1823925.jpg


シフトアップはレバーを余計に押し込まないと変速しないし、シフトダウンに至っては1段落としただけでは動かず、2段落としてようやく1段下がるといった具合だ☆(“ヒス”を持ってる感じ・・・と言ったら分かるだろうか?)
とにかく動きが悪いので、点検することにしました( *・ω・)ノ

【点検するところ】
 (1)ワイヤーが錆びて、動きが渋くなってない?
 (2)リアディレーラーの位置がズレてない?
 (3)リアディレーラーのピボット(可動部)はスムーズに動いてる?

 まず(1)☆・・・・ワイヤーは1年ほど前にシフトレバーと一緒に新品に交換したばかりで、しかもステンワイヤーにしたので錆もなく動きは至ってスムース♪

 次に(2)☆・・・・ディレーラーの位置ズレの場合、“ヒス”のような症状じゃない(シフトアップ、又はダウンのどちら一方だけが動きが悪くなる)ので、コレも違う。。(試しにワザと位置をずらしてみたけど、症状が悪化するだけだったり・・・)

 最後に(3)★・・・・可動部を1つづつ見ていくと、ありましたっ!! フレームとの固定ボルト周りが固着してて全然動かない事が判明っ( ̄□ ̄;)!!
e0271804_18232553.jpg


【分解・洗浄】
早速分解することにします。 まずはディレーラーに掛かっているチェーンのテンションを緩めるため、クランクからチェーンを完全に外してしまいます。
e0271804_18234980.jpg


次に下側プーリーのボルト(1ヶ所)を外し、プーリーを外します。(向きがあるので覚えておいて下さい。)写真の矢印のようにアームを前後にずらすと、チェーンとリアディレーラーを完全に分離できます。
e0271804_18235661.jpg

フレームへ固定しているボルトを六角レンチで緩め、ディレーラーをフレームから取り外します。(この時、ワイヤーは付けたままで構いません。)

外したディレーラーのボルトに付いているクリップ(Eリング?)をラジオペンチなどで取り外します。
e0271804_18241428.jpg


今回は固着していたため固かったのですが、上記ボルトを抜きます。
e0271804_18242212.jpg


ボルトを抜き取ったところ。錆びでまっ茶色です・・・トホホ(´ω`;)
「錆び」をブレーキクリーナ、ワイヤーブラシ、割り箸などを使って落とします。
e0271804_18244112.jpg


ボルトの方もブラシやペーパータオル等で一旦キレイにし、グリスをたっぷり塗布して元に戻していきます。
e0271804_18244671.jpg


クリップも元に戻します。
e0271804_182547.jpg


外した時と逆の順序で、組立、元に戻します。
e0271804_18251686.jpg

最後にピボット周りがスムースに動く(図の矢印)ことを確認して、作業完了(*^-^*)☆
[PR]
by nqc30269 | 2013-01-09 18:40 | メンテナンス

趣味(主に自転車)のブログ。 リンクはご自由にどうぞ。

画像一覧

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな