Blog about the hobby (Bicycle and ... ) [ujkc74]

<   2013年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

明日の「河口湖」「西湖」&「精進湖」サイクリングツアー☆

e0271804_23321261.jpg

明日はどうやら天気が良さそうなので、予定通りサイクリングを実施します♪
※当初予定していた「精進湖」は、周辺の交通事情が悪いため車移動とし、「河口湖」「西湖」「精進湖」の3湖周遊サイクリングツアーとなります。

<スケジュール>
   07:00 会社集合(レンタカー移動)
   09:00 本栖湖到着、準備
   09:30 スタート (先ず本栖湖1~2周)
   11:00 (本栖湖→河口湖へレンタカー移動)、河口湖駐車場スタート(河口湖~西湖1周)
   14:00 ゴール
   14:30 河口湖車場出発(レンタカー移動)
     (途中「ほうとう不動」かどっかでメシ♪)
   17:00 会社着、解散

<持ち物>
  自転車、 (持ってる人は)ヘルメット、 (グローブ)
  昼食代、 (食欲)、

宜しくお願いします☆
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-30 23:34 | サタデーライド告知

先週の宮ヶ瀬湖の様子☆

先週の土曜は、涼しかったおかげで久々に宮ヶ瀬まで行ってきました♪
e0271804_23555655.jpg

このところの少雨のせいか、水位が随分と下がっているように見えます・・・。
e0271804_23564753.jpg

湖の底が、だいぶ見えてきてしまってます。
e0271804_23574073.jpg

この道路も普段は湖の底に沈んでいて見ることは無いのですが・・・
e0271804_23582842.jpg

一方、上流の小川は比較的水量がありました。
(てっきりこっちも水が干上がってるかと思いきや・・・ちょっと意外☆)
e0271804_001039.jpg


ちなみにコチラは今年4月の模様☆ 上の橋の写真と比べると、その水位の差が一目瞭然!!
e0271804_014563.jpg

[PR]
by nqc30269 | 2013-08-28 00:03 | サタデーライド告知

京都”嵯峨野”サイクリング

e0271804_20134638.jpg

過去のサイクリングネタで、ブログにアップしそびれてたモノを一挙ご紹介♪ (その6)
今回のコースは、去年京都に旅行に行ったときの模様を2回に分けてお届け☆
第2回目は、『京都”嵯峨野”サイクリング』です(*’O’)ノ☆
(※上の写真は苔寺からほど近い”地蔵院”というお寺です☆)

ルートラボのページはコチラ↓↓↓
20120611_kyoto-cycling_vol.3 [sagano-HC] (50.9)
e0271804_2014246.jpg


①いきなりですが、撮ってたハズの写真を紛失(!?)しまして、でもどうしても道の雰囲気を紹介したくて、GoogleMapさんよりストリートビューの画像を失敬させて頂きました(^_^;)☆ 
(清凉寺から県道50号に抜ける通りなんですが、石畳の通りに昔ながらの茅葺き屋根のお店が並んでて、すごく風情があるんです!!)
e0271804_2015168.jpg


②次に県道50号へ入るんですが、ここがすごく細くて曲がりくねった道。 裏ヤビツ並みかそれ以上なんですょ。
e0271804_20152976.jpg


②同じく県道50号の途中の橋とトンネル。 車1台しか通れません、ハイ☆
e0271804_20153995.jpg


③ここは嵯峨野観光線の『トロッコ保津峡駅』の手前の”つり橋”。 普段誰も降りることのないところなんでしょうか、誰も人が居ません・・・。
e0271804_2015489.jpg


④こんなに景色が良いところなのに・・・。
e0271804_20155787.jpg


⑤途中”山陰本線”が走っているのも見ることができます♪ いや~、イイ眺めですなぁ~☆
e0271804_201682.jpg


※このあとは延々と山道が続き、そのあと亀岡市側に出てからひたすら南下。 国道9号線に出て再び京都市内へ戻ります。 途中、すれ違うサイクリストと挨拶を交わしたり、のんびりとした田園風景があったり、国道9号では交通量の多い通りをヒヤヒヤしながら走ったり、色々なことがありました~☆
・・・・・が写真撮るの忘れてました~(+_+;)~ガーンッ!!

⑥・・・で、一気に京都『西芳寺(通称_苔寺)』の近くの茶屋『苔乃茶屋』にて☆
おいしい”とろろそば”をいただきました♪
e0271804_20161827.jpg


⑦最後に『桂川』の船下りを眺めて終了~☆
e0271804_20163246.jpg

京都は市街地ばかりでロードの練習には向いていないと思ってましたが、こうゆう自然豊かなコースもあるんですね♪
以上、『京都”嵯峨野”サイクリング』でした~☆
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-18 20:23 | お勧めサイクリングコース☆

京都市内”弾丸”サイクリング

e0271804_18225999.jpg

過去のサイクリングネタで、ブログにアップしそびれてたモノを一挙ご紹介♪ (その5)
今回のコースは、去年京都に旅行に行ったときの模様を2回に分けてお届け☆
第1回目は、『京都市内”弾丸観光”サイクリング』でっすヽ(`⌒´)ノ☆
e0271804_18234493.jpg


ルートラボのページはコチラ↓↓↓
20120609_kyoto-cycling_vol1(42.2)
(※実際は1日目に回れなかったトコを2日目に行ってたりするので、ルートと観光ポイントがチョッと(?)ズレてたりしてますが・・・。)

続きはこちらから>>>
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-18 18:34 | お勧めサイクリングコース☆

(自作)サイクルポールラック

e0271804_1551567.jpg

みなさん自転車の置き場所どうしてますか~?
ロードだと外に置いておくのも心配だし、かといって部屋の中は狭くて・・・
そんなとき、活躍するのが「サイクルポールラック」(ポールスタンド)です♪

一般の方はコチラ↓↓↓
[Amazon] MINOURA(ミノウラ) BikeTower10 ディスプレースタンド
[Amazon] TOPEAK(トピーク) デュアルタッチバイクスタンド TOD014/TW004

ちょっとマニアックな方はコチラから↓↓↓
①強力極太突っ張り棒をGetしてきます。 (私は近くのニ〇リで、確か1500円くらいでGet♪)
 [Amazon] 瞬着 強力極太ポール ホワイト LL G-LL
 ↓
②近所のホームセンターで配管用金具と大型S字フックをGetしてきます。(1セット500円くらい♪)
 ↓
③組み立てます。(金具とS字フックは脱落しないようにタイラップで補強・・・っと☆)
e0271804_154357.jpg

 ↓
④完成☆ (S字フックをサドルの下に引っ掛けるようにして吊るします。)
e0271804_15455100.jpg

※耐荷重とか計算している訳ではないので、その辺はあくまで自己責任とゆうことで~☆
(心配な人は、ちゃんとメーカー製のラックを買ってあげてくださいネ(*’o’)ノ☆)
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-18 15:07 | その他

DAHON Speed P8 (30 Years ANNIVERSARY)

e0271804_21125637.jpg

最近お気に入りなのがコチラ、今年3月に購入して以来いろんな所で活躍してくれている『DAHON Speed-P8』です♪ 今回はこの折畳み自転車のご紹介☆
e0271804_2193497.jpg


先ずはハンドル周り☆
ブレーキはAvid製を使用し、シフタはSRAMのGripShift(8速、リアのみ)、尚ハンドル中央のクイックレバーを緩めるとハンドル角度調整ができ、ステム中ほどのレバーでハンドル高さ調整が可能です。(下方向は写真の位置までが限界(>_<;))
e0271804_2194427.jpg


タイヤはSCHWALBE製の”MARATHON RACER”、ホイールはWTB製など、信頼できるメーカーのパーツが組まれています。
e0271804_2195722.jpg


リアディレーラーはシマノ製”Acera”(できればもう1~2グレード上のパーツだと嬉しいんだけどね~☆) なおホイールはFR共クイックレリーズ式! 出先でのパンク対応を考えるとMUSTアイテムです☆
e0271804_21101110.jpg


シートチューブのBBの上には「DAHON 30 years ANNIVERSARY」のエンブレム☆ これは今年のモデルだけ♪
e0271804_21102065.jpg


折りたたんだ状態☆ 写真だとすごいコンパクトに見えますが、実際見るとそうでもなかったり・・・(汗)
e0271804_21103387.jpg


上から☆ ハンドルがフレームの間に入るので、持ち運びはまぁまぁし易いと思います。
ちなみにサドルを真っ直ぐにすると、ハンドルブラケットに当たって畳めないので注意☆
e0271804_21104866.jpg


フレームの折畳み部の拡大☆ 鍛造(かな?)の頑丈そうなヒンジです。
e0271804_21105731.jpg


こちらはハンドルステムの折畳み部☆ ここもDAHON独特の構造ですね。
e0271804_2111596.jpg


ちなみに購入したお店はコチラ↓
ワイズロード大宮店 Y'sRoad Omiya
e0271804_21111620.jpg


折畳みの最大のメリットは、何と言っても車で出かけた先で好きな時に自転車に乗れることですね♪
慣れれば、折畳み状態から走行状態へ戻すのに1~2分で出来てしまうところも嬉しいです♪
またこのSpeed-P8は、小径車の割に比較的安定感あって”以外と走る”ことです。

難点を言うと、ハンドルがちょっと手前過ぎてポジション(特に上半身)がどうしても立ち気味になるので、サドルに全体重が掛かって長距離だとクッションの分厚いサドルですらお尻が痛くなるトコですかね・・・・(m;_ _)m~☆

<メーカーサイト>
[DAHON] Speed P8
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-17 21:17 | おススメ情報

SCOTT USA フラットバー化改造計画♪

前回FELT-F5の紹介をしましたが、実はフレーム単体で買ったため組上げるためにパーツを他から移植しなければなりませんでした。 そしてそのターゲットになったのがコチラ↓
e0271804_190448.jpg

あぁ~~~、む、無残・・・☆
ホイールは手元にAlexRimの新品があったので、辛うじて”自転車”の形は残してますが・・・・・
この状態で部屋に置いといても仕方ないのと、ちょうどその頃(去年の1月くらいかな?)T.Iさんから「イイ自転車ないっスか~?」とオファーがあったので、思い切ってリニューアルする事に!!!


今回は普段乗りや通勤にも使えるように、「フラットバー仕様」にすることにしました☆
先ずは自転車の主要部品のリストを用意し、必要なパーツをピックアップします。
そして、価格を確認して予算と相談しながらグレードを選んで・・・・・♪
e0271804_198345.jpg

(一部アウトレットモノを入手するなどして、フレームとホイール以外をナント2万〇〇円で揃えることに成功!!)

早速買ってきた部品を仮組みし、イメージを掴みます☆ (うん、イイ感じ♪)
e0271804_1914728.jpg


そして完成~ッ!!! (主要コンポを黒で纏めたおかげで、引締まった感じです☆)
e0271804_192144.jpg


クランクはシマノの一体コンパクトクランク、軽いギヤ比は街乗りでも便利ですね♪
ちなみにペダルはWelgoのノーマルタイプでトゥークリップ&リフレクタ付き。
e0271804_1921411.jpg


リアDはTiagraの10スピード!! (実は、思ってた以上に質感が良いので驚きました・・・)
街乗りメインなので、リフレクタも付いてます。
e0271804_1922473.jpg


サドルは都内のY'sでGetしたもの♪ ホワイトにこだわりました♪
e0271804_1923446.jpg


TIAGRAのフラットバーコンポーネントで纏められたハンドル周り☆ ホワイトグリップと相まってスタイリッシュ♪
e0271804_1924725.jpg


ちなみに元々はこんな感じでした。。
Base Frame; SCOTT USA AFT COMP (確か2000年モデル☆)
Fork; Specialized C4 Carbon
Component; (FD&Clank)105-triple, (RD)Ultegra SL, (levers)105,
Wheels; Alex ALX430
e0271804_1925734.jpg


<オマケ>
SCOTTといえば、今では言わずと知れたスポーツバイクの有名ブランドですが、この「SCOTT USA」はそれ以前のまだマイナーだった頃のフレームなんです。(何てったって、2000年モデル!!) 当時Specializedのカーボンバックフレームを購入しようと悩んでいたのですが、アルミ溶接部の仕上げの美しさに一目惚れして購入してしまいました☆ 今となっては、とても貴重なフレームだったと思います☆
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-17 19:08 | メンテナンス

FELT F-Seriese (の作り方♪)

H内も乗っているFELT-Fシリーズについて、前回ネタに引き続き”製造方法”を調べてみました。(毎度マニアックでスミマセン。。。)
e0271804_17423841.jpg

e0271804_17161231.jpg


まず、分かり易い断面写真をネットで拾ったのでご紹介♪ (写真はたぶんF1ですが製法は同じのようです。)
≪情報元(VeloNewsさんより)≫Tech Feature: Felt Bicycles’ 2011 line
(以下の写真は画質を落としているので、元の画像を見たい場合はVeloNewsの記事からご覧くださいませ☆)
e0271804_17161826.jpg


ヘッドパイプ周りのアップ☆ ヘッドからトップチューブ/ダウンチューブは一体成型で無駄がありません☆
e0271804_17162662.jpg


BB周りの断面。 途中、ダウンチューブと接着しているのが良くわかります☆
e0271804_17163317.jpg


BB周りの成型前の状態。 プリプレグをポリエチレンの型に積層して、キュア(レジン塗布)する前。
e0271804_17164189.jpg


ポリエチレン型の写真☆ この型のおかげでフレーム内側面もシームレスで精度の良い仕上がりになり、”INSIDE-OUT”の由来でもあります。 加熱成型後に取り出されるので、完成状態のフレーム内部には残りません。
e0271804_17164723.jpg


加熱成型直後の状態。 金型のパーティングが良く分かります。 (パーティングに沿って”バリ”が出てマス。)
e0271804_17165359.jpg


一連の工程が良く分かる1枚☆ ①積層行程⇒ ②加熱成型⇒ ③パリ取り/ポリエチレン型&加圧バッグ除去⇒ ④加工/仕上げ
e0271804_171745.jpg


こちらは使っているカーボンファブリック(プリプレグ)。 1K/3Kは定番ですが、1方向のみの30t~60tという繊維が実際にはメインフレームに使用されており、平織の1K/3Kシートは化粧用(接合部隠し&補強)として使用されます。(詳しくは、この後記載の「FELT technology_docs-Carbon.pdf」を参照☆)
e0271804_17171097.jpg


最後に上記で成形された部品を接着☆ 部品構成は以下の感じ♪
e0271804_17172179.jpg


詳しくは、以下のリンクで見れます。 (注;英語)
FELT technology_docs-Carbon.pdf
e0271804_17173549.jpg

[PR]
by nqc30269 | 2013-08-17 17:20 | その他

動画&写真で見る☆ カーボンフレームの作り方♪

本日最後の記事は、カーボンフレームの製造工程のご紹介でっす♪♪

[BMC]
Factory Tour – BMC swiss cycling technology
e0271804_23524847.jpg

スイス発の傑作カーボンフレームに迫る
e0271804_23555082.jpg


[SCOTT]
SCOTT Sports - The Carbon Experts
(HP内の"Watch the Video"ボタンをクリックして下さいませ♪)
e0271804_23531418.jpg


[TIME]
TIME manufacturing process - YouTube



[TREK]
Trek Factory Tour Part 3 US Based OCLV Carbon Bike Production
e0271804_23534765.jpg


[COLNAGO]
The full creation of a Colnago EPS frame - 100% Made in Italy



[GIANT]
Taiwan Factory Tour - Giant
e0271804_2354260.jpg

・・・にしてもカーボンって最先端のイメージあるけど、作り方は意外とあなろぐですねぇ~┐('~`;)┌☆
(成型は金型で内部を加圧するのみで、オートクレーブ使ってるトコは少数派なんですね☆ しかし、最後のGIANTの工場の中に他メーカーの梱包箱がチラホラと・・・☆)
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-16 23:59 | その他

サイクリングで見かける動物たち

過去のサイクリングネタで、ブログにアップしそびれてたモノを一挙ご紹介♪(その4)
今回はチョッと趣向をかえて、「サイクリングで見かける動物」特集でっす☆

その1) シロサギ (@厚木市内の田んぼ。 定番ですね~☆)
e0271804_2231871.jpg


その2) カワウ (@境川。 これも良く見ます。)
e0271804_2232752.jpg


その3) アオサギ (@境川遊水地。 住み着いてるんでしょうか、よく見かけます☆)
e0271804_2233760.jpg


その4) アヒル?? (@境川沿いの田んぼ。 農家の方が害虫駆除用に飼っています。)
e0271804_2234754.jpg


その5) キジ (@境川の相鉄線高架下。 見たのは3年前ですが、まだ居るんですかね?)
e0271804_2235744.jpg


その6) 鹿 (@富士あざみライン、ほか。 毎年2~3回のペースで見かけます。)
e0271804_2253126.jpg

e0271804_2241085.jpg


その7) 猿 (@宮ヶ瀬周辺。 これも良く見ますが、逃げ足が速いので写真が撮れず・・・)
No Photo

その8) リス (@宮ヶ瀬周辺、ほか。 写真は北海道旅行でサイクリング中たまたま撮影したもの♪)
e0271804_2241971.jpg

e0271804_2242639.jpg


その9) 猫 (@そこらじゅう。 特に江ノ島の裏通りにわんさか♪♪)
e0271804_2243730.jpg


以上、動物特集でした~☆

※基本的に害のない動物ばかりなので大丈夫ですが、中には人に危害を与えるもの(熊やイノシシ)もいるので気を付けて~。(1度だけですが、富士に行ったときに上から下って来た車の人に「この先に熊が居るから行かない方が良いよ~」と言われ、引き返した事があります。。)
[PR]
by nqc30269 | 2013-08-16 22:14 | その他

趣味(主に自転車)のブログ。 リンクはご自由にどうぞ。

画像一覧

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな